ひらのたけし自伝

スポンサーリンク
ひらのたけし自伝

アンナプルナの朝日がぼくに勇気を与えた

ひらのたけしです。 父と共に来たネパール。人生初の最貧国旅は本当に見るものすべてが新鮮でした。貧しい国だけど子供達が英語を流暢に話すんですよ。しかもしっかり物を売り込んでくる。言葉が実用的に使われて学びが理にかなってます。 数日カトマン
ひらのたけし自伝

父と2人のネパール旅行

ひらのたけしです。 父から誘われてネパールへ行くことになりました。当時の父は早期退職し、多めにもらった退職金で株を始め、デイトレーダーになっていました。 羽振りがよかった父はカメラ仲間とエベレストの麓で写真を撮るためにネパール旅行を計画
ひらのたけし自伝

海外で生活した人が海外へ戻る気持ち

ひらのたけしです。 苦渋の決断の末メルボルンから日本へ帰って来た。慣れ親しんだ環境を捨て、新たに挑戦を始めるために日本へ帰国したけれども、日本がこんなに住みにくい国だとは思ってもみなかった。 よく耳にしていた話だけど、海外へ一度出ると日本に
ひらのたけし自伝

必死に演奏した「ひらのたけし」

こんにちはひらのたけしです。 ミュージシャンになるためにオーストラリアのメルボルンに来ました。そして渡豪し2年半が経ちメルボルンに滞在し続けることを最優先して来たぼくですが、帰国するという決断をしました。そして帰国の決断と引き換えにMac
ひらのたけし自伝

帰国と引き換えのビッグチャンス

こんにちはひらのたけしです。 メルボルンで音楽活動するために滞在していたボクですが、自分のバンドを作って活動することもできず、Mach pelicanのローディーとして活動する日々が続いていました。 そして、最終的に日本へ帰国することを
ひらのたけし自伝

携わることに満足していてはダメ

こんにちはひらのたけしです。 メルボルンでバンド活動するでく古今奮闘しているボクですが。状況はそんなに簡単ではありません。ですが、来たるチャンスを逃すまいと前向きに生きている様子をお届けします。 自分のアイデアが初めて世界に発信された
ひらのたけし自伝

海外に滞在するために学生ビザを取得するのは賢明な手段なのか?

こんにちはひらのたけしです。 ミュージシャンになるべくメルボルンへ来たぼく。なかなかステージの上に立つ機会が巡って来ませんが、諦めず、ビザの在留期限が許す限り、日々精一杯生きていました。ここまでが前回までのストーリーです。 目的のために
ひらのたけし自伝

自分を信じ、第一線で活躍する人を間近で見続けること

こんにちはひらのたけしです。 ミュージシャンになるべくメルボルンへ来たぼく。なかなかステージの上に立つ機会が巡って来ませんが、諦めず、ビザの在留期限が許す限り、日々精一杯生きていました。ここまでが前回までのストリーです。 日々のモチベーショ
ひらのたけし自伝

もう一度みんなと一緒に生活したいな。イギリス人・オーストラリア人・日本人のシェア生活

こんにちはひらのたけしです。 ミュージシャンになるべくメルボルンへ渡ったぼく。ワーキングホリデービザから学生ビザに更新し、メルボルンでの生活に奮闘していました。金銭的な生活苦に陥り、体力・精神力を削がれる生活をしいられ鬱になりました。ここ
ひらのたけし自伝

ワーキングホリデービザから学生ビザへ更新。人生初の貧乏生活からの鬱

こんにちはひらのたけしです。 憧れのバンドをきっかけに渡豪したぼく。ギターリストとしてメルボルンの地で演奏するべく、ワーキングホリーデービザから学生ビザに更新し滞在延長を決断しました。ここまでが前回までのストーリーです。
スポンサーリンク